SA

SA

Top > BIOGRAPHY

BIOGRAPHY

SA (aka.Samurai Attack)

  • TAISEI on Vocal
  • NAOKI on Guitar
  • KEN on Bass
  • SHOHEI on Drums

1984年、当時高校生のTAISEI(Vo)を中心に岐阜で結成。ロックンロールに根付いたキャッチーなメロディとシンガロングなパンクロックが、パンクスの間で大きな知名度を得るも3年足らずで解散。そして根強いファンの後押しにより、1999年にTAISEIのソロプロジェクトとして、SAは再始動を果たす。
その後、2002年に最強の布陣である現メンバーが揃いソロプロジェクトからバンド体制に移行し、精力的な活動を開始する。

常に様々な音楽ジャンルを吸収し、枠に囚われる事無く幅を拡げ進化し続けるサウンド、爆発力と包容力を兼ね備えたその圧倒的なライヴパフォーマンスは、ジャンルや世代、時には国境の垣根も飛び越え、またミュージシャンズ・ミュージシャンとしても熱い支持と高い評価を獲得している。

2015年7月、初の日比谷野外音楽堂でのライブをソールドアウトに収めた後、バンドはテイチク・インペリアルレコードに移籍。

諦めることを諦めた男たちが意地と誇りを胸に搔き鳴らす、どこまでもアツく底抜けにハッピーなブリリアント・アンセム!ビッグ・スマイルでドカドカ突き進む不屈のパンクバンド、それがSAである。

HISTORY

1984-オリジナルSA時代

当時高校生のTAISEIが地元・岐阜にて結成。

1985年、ファーストソノシート「I GET POSITION」をリリース。初回プレスをアッという間に完売。ジャパニーズOi! PUNK黎明期における金字塔的なオムニバス『Oi of JAPAN』に参加しその名を全国へと広める。

86年にバンドは解散。TAISEIは東京でBAD MESSIAHを結成、エピックソニーよりデビュー、そしてアルバム4枚、シングル10枚を残して1996年に解散。

1999-TAISEIソロプロジェクト時代

地元・岐阜のシーンからの熱い要望を受け、一夜限りのつもりで復活ライブを行なうも、なんと1,000人を超える動員を記録。これをきっかけにTAISEIソロプロジェクトとしてSAが再始動。

2000年、プロデューサー兼サポートメンバーとして、元ブルーハーツの河口純之助氏を迎え、アルバム『YOU MUST STAND UP MY COMRADES』をリリース。多くのPUNKファンの中で大きな話題となり、数々のイベントに出演。

2001年末、ラフィンノーズ / COBRAで活躍していたNAOKIの加入が決定し、SAの正式バンド化を決意。続いてKEN(ex/DOGFIGHT)、SHOHEIが加入。

2002-現メンバー集結

現メンバーが揃って、新生SAとして活動がスタートする。自主レーベルPINEAPPLE RECORDSを設立。7月に現メンバーでの初のアルバム『GREAT OPERATION』をリリース。下北沢シェルターで行なわれた初ワンマンでは、シークレットでミッシェル ガン エレファントがサポートアクトとして登場。

2004年、イギリスのパンク専門レーベルANAGRAM(CHERRY RED内)と、同レーベル初の日本人アーティストとして契約を果たし、海外作品「SAMURAI ATTACK!」(9月作品)にてヨーロッパ・デビュー。

2007年、世界規模で支持を集めるアメリカのパンクバンドRANCIDの来日ツアーを全国6箇所にてサポート。

2009年、米国テキサス州での世界最大規模の音楽ショーケース"SOUTH BY SOUTHWEST ’09"に出演。これを機に、全米8カ所にて横断ツアーを敢行。

2011年春、台湾最大規模の野外フェスティバル“SPRING SCREAM”に出演し、合わせて台北、台中にてショートツアーを展開。同年12月には再び台中での大型フェス“ROCKIN’TAICHUNG”にメインアクトとして招聘される。

2012-初の日比谷野音

3月〜4月のタワーレコード No Music, No Life.のポスターに起用される。同年3月より、かつて展開していた少数精鋭によるガチンコ対バン企画「BIG TOP」を復活させ、精力的に展開。同時に国内大型フェスへの参加機会が増えていき、より世代やジャンルの垣根を飛び越えた動きが活発となる。

2014年4月、アルバム『THE SHOW MUST GO ON』を発表。ツアーのスペシャル公演として、7月にSA生誕30周年を記念する長丁場ワンマン“THIRTY x THIRTEEN BASH!”を開催。3時間を超えるステージは2枚組DVDとして11月にリリース。 2015年4月にアルバム『BRING IT ON!』をリリース、そのツアーファイナルとして行った7月11日に初の日比谷野外大音楽堂ワンマンを成功に収めた。

2016-SAの現在

テイチク・インペリアルレコードへ移籍し、2016年1月に国内初となるベストアルバム「ハローグッドバイ」をリリース。2月には日比谷野音ライブの模様を収めた映画「劇場版SA サンキューコムレイズ」が公開となる。4月、「ARABAKI ROCK FESTAIVAL」出演。7月にリキッドルームで開催した自主企画「BIG TOP」ではサンボマスターと共演。その後、「RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO」「中津川THE SOLAR BUDOKAN」「氣志團万博」「山人音楽祭」ほか、数々の大型フェス・イベントに出演し精力的に活動を続ける。10月14日には自主企画「BIG TOP」でThe Birthdayと共演。10月19日にはメジャー移籍後初となるオリジナルアルバム「WAO!!!!」をリリース。11月3日からは全国22カ所に渡る”LOVE’N’ROLL”TOURを敢行。そのツアー・ファイナルとして、2017年1月29日に赤坂BLITZワンマンが控えている。

twitter facebook YouTube RSS

facebook

SA Nowadays

Imperial Records Nemoken.com
PAGE TOP

Please do not use any Images (artworks and photos on my site) on your site without permission. At least, We hope you e-mail us or respective artists before you post it.